海南市とサンコーの歴史

OUR HISTORY in KAINAN-CITY

動画でみる 「海南市とサンコーの歴史」

半世紀以上前に、和歌山県海南市で創業したサンコー。その歴史や成り立ちを、海南市の歴史とともにご紹介します。

海南市の歴史

サンコーの誕生は、海南市独自の産業に強い影響を受けています。
海南市は昭和9年(1934年)黒江町、日方町、内海町と大野村の3町1村が合併され、市政がスタートしました。

サンコー
本社場所

海南市が制定された昭和9年の海南市絵地図

棕櫚(シュロ)栽培の起源

棕櫚とは、ヤシ科シュロ属の常緑高木の総称です。木はまっすぐに伸び、幹の高さは約5メートル。幹の高い部分からは手の平の形をした葉がたくさん伸びていて、南国的な雰囲気を漂わせます。和歌山県での棕櫚栽培は、およそ1,200年もの昔に、高野山を開山した弘法大師(空海)が、唐から持ち帰った苗木を寺院の庭先に植えたことに始まるという説があります。

海南市を代表する地場産業「家庭日用品産業」

和歌山県が全国に誇る地場産業「家庭日用品産業」は、海南市の東部で栽培されていた棕櫚を原材料にした「束子(たわし)」「縄(なわ)」「蓑(みの)」「刷毛(ぶらし)」などの製造に端を発しています。
棕櫚製品の製造は、もともと農閑期の副業でした。しかし日清・日露両戦争を経て、軍の弾薬箱の手縄として利用されるなどの軍需もあり、専業の製造者や問屋が現れるようになり、この頃に海南市の地場産業としての基盤がつくられました。

その後、明治後半、大正初期に棕櫚不足が生じたことから、代用品として東南アジアから椰子の実の繊維(パーム)を輸入するようになりました。原材料がより安価なパームに取って代わったものの、「家庭日用品産業」は地場産業として益々発展していきました。

昭和30年代に入り、原材料として、ナイロン、ビニール、テトロンなど化学繊維が登場し、加工技術が発達。高度成長期に急速に進展した生活スタイルの洋風化も相まって、新たな家庭日用品の開発に拍車がかかりました。
現在においても、デザイン面や使いやすさなど、消費者の多様なニーズに対応した商品が続々開発されています。

全国シェア第1位

時代の変化とともに原材料は「棕櫚」から「パーム」「化学繊維」とシフトしていきましたが、「家庭日用品産業」は和歌山が全国に誇る地場産業となっています。
炊事、洗濯、トイレ、風呂など水回りの「家庭日用品」を扱う企業数は、海南市を中心に和歌山県内に約100社。取扱高は国内で圧倒的なシェアを占めています。

サンコーの「開発の歴史」

日本初、世界初のアイデアがいっぱい。それがサンコーの歴史であり魅力です。
開発商品の一部をご紹介します。

サンコー初のオリジナル商品「キッチンダスター」

旧来のさらし木綿とはひと味もふた味も違うフキン。誰もがフキンにカラフルなプリントをするなど思いつかなかった時代でした。モダンで文化的な象徴と受け止められ、創業時のヒット商品となりました。

時代背景や開発エピソードはこちら

時代背景や開発エピソード

昭和40年頃、若い世代があこがれた公団住宅は、土間に流しやかまどを設けた昔ながらの台所ではなく、ステンレス製シンクとガスコンロを備えた、明るく機能的でコンパクトにまとまったダイニングキッチンでした。
このダイニングキッチンの登場は、台所を人目につかない奥まった暗い場所から、家族が集う明るいスペースに移しました。台所の必需品と言えば“フキン”ですが、当時は日本手拭いを半分に切っただけのさらし木綿がフキンとして使われていました。
「キッチンで使われる小物類も人目につくようになる」。
「近代的なキッチンには、もっとおしゃれなフキンがふさわしい」。
そう考えた先代・角谷勝司は、明るいパステルカラーで花柄をプリントしたタオル地のフキンを考案。フキンのイメージを一新するために、商品名も「キッチンダスター」と命名しました。
昔ながらの問屋には相手にされませんでしたが、当時出現したばかりのスーパーマーケットを通して販売したところ、大ヒット。若い世代が憧れる洋風生活の必需品となりました。

創業間もない頃のアイデア商品「扇風機カバー」

今ではどの家庭にもある扇風機カバー。実は、初めて発明したのはサンコーでした。
「小さな子どもが扇風機に近づき指を入れようする」という親御さんの目線がヒントとなり、開発へ至った商品です。電化製品にカバーを付ける発想は、これまで扇風機はもちろん他になく、全く新しい商品でした。

時代背景や開発エピソードはこちら

時代背景や開発エピソード

高度成長を謳歌した時代、家庭には扇風機・ラジオ・トースターなどの電化製品が普及。
そうしたどこの家庭でも見られるごくありふれた風景の中に、アイデアの種がありました。
先代が茶の間でくつろいでいると、よちよち歩きの娘が好奇心に満ちた表情で扇風機に近づき、無防備に小さな指を伸ばしたのです。
「家の中にも危険がいっぱい」。
「幼い子どものいる家庭は、どこも困っているはず」。
そこで、扇風機にすっぽりかぶせるネット状のカバーをつくるアイデアが閃きました。キャッチコピーは『お母さまの心に安心をセットする扇風機カバー』。これが、ひと夏で30万枚売れる大ヒットとなりました。

トイレの洋式化に伴い開発した「便座カバー」

洋式の生活スタイルがどんどん広がりつつあった時代の先を読み、「洋式便座カバー」を開発しました。

時代背景や開発エピソードはこちら

時代背景や開発エピソード

先代・角谷勝司は洋式トイレを見たことがなかったにも関わらず、便座カバーの開発に挑戦。
「これからは洋式トイレが増えていく」というお取引先の言葉に、「なるほど、面白い!」と、いち早く商品開発に着手しました。幸運だったのは、和歌山県高野口町(現橋本市)の大手パイル地メーカーとの出会いでした。前向きに、先代の好奇心に付き合って、パイル地で馬蹄形の便座をすっぽり包むカバーを共同開発してくれました。
トイレマットとセットにして百貨店に卸しましたが、売れ行きは伸びずじまい。洋式トイレの普及より先行して販売していたのが理由ですが、開発そのものは大成功の商品でした。

時代を先駆けた「新・ファブリック商品」

この時代は、黒電話が家庭で使われていました。重い雰囲気の電話機も、カバーをつければインテリアとしておしゃれに楽しめるのではないか。
そこでトータルコーディネートを視野に、炊飯器・トースター・ドアノブ・ティッシュボックスなど様々なカバーをつくり、世の中のインテリアブームをリードしました。

時代背景や開発エピソードはこちら

時代背景や開発エピソード

当時、一般家庭では黒電話が普及していました。電話のない家庭が近所の家の電話を借りるので、電話は玄関先に設置されることが多かった時代でもあります。
ところが、黒電話の見た目は洋風の暮らしには不似合いでした。
「無骨な電話機を何とかできないか?」
「布で覆ってしまえば目立たなくなる」。
これが、一世を風靡した電話機カバー誕生のきっかけです。
しかし、他の業者に真似をされ、ヒットは長くは続きませんでした。その悔しさをバネに、「勝ち続けるには、新しい商品を次々に生み出すしかない」と次々に開発に着手。
炊飯器・トースターなど家電品のカバー、ドアノブやティッシュのカバーなど、新しいファブリック商品を市場に送り出し、インテリアやファッションに関心の高い女性から支持されました。

ロングセラー商品「ベンザシート」

市場にモノがあふれ、商品の差別化が難しくなるなかで、サンコーは本領を発揮! 人びとが便座カバーに抱いていた「取り替えが面倒」という印象を払底し、つけはずしが瞬時に完了する革新的な商品を誕生させました。

時代背景や開発エピソードはこちら

時代背景や開発エピソード

バブル期には、キッチン・バス・トイレ用品は既に成熟していました。次々に新商品が出てくるものの、機能や品質に大差はなく、色や柄、形がバラエティーに富んでいるだけという状況でした。そして、バブルの崩壊。

サンコーも原点に帰って再スタートをきります。それは、量から質への転換でした。行き当たりばったりの開発ではなく、使った人が心から満足してくれるモノづくりを目指したのです。つくり手の視点ではなく、生活者の立場に立って開発をするという、発想の転換でした。

そんな時、高齢になった先代の母がつぶやいた「便座カバーの付け替えは大変!」というひと言がヒントになりました。
「高齢者が不便を感じている。何とかできないだろうか?」
そう思案している頃、特殊樹脂が開発されたというニュースがありました。
それはアクリル製のウレタン樹脂で、中に無数の気孔があり、上から圧力を加えると気孔の中の空気が押し出され、真空になって吸盤のように貼りつくというものでした。
すぐにこの特殊樹脂の技術を活用し商品開発へと着手しましたが、吸着力の加減が難しく開発は難航。使いやすさと快適さを追い求め、テストと改良の繰り返しでした。開発開始から2年が経過し、ついに「おくだけベンザシート」が完成しました。
その後もお客さまの声を聞き、改良を積み重ね、便座だけでなく、トイレやキッチンのマットなど、さまざまなタイプの商品を世に送り出しました。そしてロングセラー商品「おくだけ吸着」シリーズへと発展しました。

環境、手・肌にやさしい「びっくりフレッシュ」

ポリエステルの異形断面糸の活用法を発見。糸の断面を三角形にすれば、汚れをゴッソリ取り除けることに気づいたのがサンコーです。お笑いタレント「どきどきキャンプ」の佐藤満春さんとのコラボ商品も生まれました。

時代背景や開発エピソードはこちら

時代背景や開発エピソード

「洗剤で手が荒れる」という主婦の悩みと、洗剤が環境に与える悪影響が取り上げられ、話題となっていました。そんな中、資材在庫の中に埋もれていたポリエステルの異形糸との出会いが、問題解決へとつながる糸口となりました。
この糸でキッチンクリーナーをつくってみたところ、手あかにまみれた10円玉が水だけでピッカピカに。理由を探るため実験を繰り返したところ、特殊な繊維の形状が汚れをかき落とす仕組みが確認できたのです。
そこで、糸のねじり方に工夫を凝らし、キッチンクリーナーだけでなくバスタブやトイレの洗浄用品にも商品展開しました。こうして「びっくりフレッシュ®」シリーズは、「おくだけ吸着®」シリーズに続く新生サンコーの第2の柱に成長しました。