商品ができるまで

PRODUCT STORY

サンコーの商品開発コンセプト

私たちサンコーは、3つの商品開発コンセプトをもとに、生活用品の開発・製造・販売を一貫して自社で手がけています。“中身にこだわる”をモットーに、数多くの商品を世に送り出してきました。

3 CONCEPTS

  • 外見だけでなく
    中身に徹底的に
    こだわる!
  • Made in JAPANに
    こだわる!
  • とにかく
    やってみなはれ。
    まずはやってみるに
    こだわる!

商品ができるまで

私たちサンコーは、生活者の皆さまからのご意見をうかがうことで、お客さまのニーズをとらえ、暮らし・環境・技術・国産にこだわりながら、いつも新しい商品づくりに取り組んでいます。

STEP1 ボイスカード(アンケートハガキ)からのヒント

開発室では、毎日数多く届く「お客さまの声」を別名「神さまの声」と呼んでいます。1通1通、ボイスカードに丹念に目を通すことで、新たな商品のヒントをいただいています。

STEP2 商品開発会議

ボイスカードから得たヒントをもとに、商品を改良したり、新しい商品を企画・開発したりするための会議を行います。

STEP3 試作・モニタリング

商品を世に送り出す前に、試作品で繰り返し使用感を確認します。時には、専門機関に分析を依頼し、エビデンスに基づいた開発を進めます。

STEP4 デザインワーク

商品ならびにパッケージのサイズ・色・形、その他さまざまな要素が商品開発に必要不可欠です。より使いやすく、より好まれる商品デザインや、より分かりやすいパッケージデザインを追求していきます。

STEP5 コスト計算

高品質の商品を適正価格でお客さまにご提供できるよう、常に無駄なコストはないか見直しを行っています。

STEP6 日本国内の自社工場で生産

自社の生産工場において量産体制にはいります。
ここでも商品開発と同様、品質重視の生産を徹底しています。

STEP7 品質管理

つくられた商品を再度、開発室で検品しています。
徹底した品質管理をすることで、確かな商品をお客さまへお届けしています。